やまねごはん@バークレー+南インド+京都


<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | posted by スポンサードリンク |
サンデーブランチの空席
8月3日のサンデーブランチのイベントですが、12:00からの回に1席キャンセルが出ています。ご希望の方はメールでおしらせください。
lotusgranolaアットgmail.com
(アットを@に変えてください)

| おしらせ | posted by やまねごはん |
夏のイベントのご案内
今年の夏も大好きな葉山に戻ります。帰省中、パン工房くうら、そして広瀬裕子さんの素敵な会場をお借りして、いくつかのイベントを計画しています。みなさんとお会いして、たのしい時間を一緒に過ごせるのをたのしみにしています。


1.サンデーブランチ
夏休みの日曜日、少し遅めの朝ごはんに、コーヒー飲みつつ、グラノーラとパンケーキをのんびり食べていただけたらとおもいます。グラノーラはビュッフェスタイルで豆乳ヨーグルトやフルーツをそえて、パンケーキはficel.のうのさちこさんにその場でどんどん焼いていただきます。コーヒーは、葉山の大津谷家のとてもおいしいドリップコーヒーを、亮祐さんにくうらで再現してもらいます。ご家族で、お友達とご一緒に、もちろんおひとりさまでも、どうぞ気軽にいらしてください。大きなテーブルを囲んで、お久しぶりの方、はじめましての方、みなさんとゆっくりお話しできたらうれしいです。

日時:2014年8月3日(日)
9:00〜11:00 または 12:00〜14:00
12:00の回は1席空きがあります。
場所:パン工房くうら
※駐車場は2台分しかなく、近くにコインパーキングもありませんので、できる限り自転車や公共交通機関をご利用ください。
参加費:1500円(こども500円)
定員:各回15名まで
お申込み:lotusgranolaアットgmail.com(「アット」を@に変えてください)まで、お名前、お電話番号、ご希望の時間、人数(おとな/こども)をお知らせください。


2.ficel.うのさちこさんの「自由につくる、クッキー型のワークショップ」
自由に好きな形のクッキー型をつくって、自分だけのクッキーが焼けるようになるという魅力的なワークショップです。クッキーを焼いている間は、ロータスグラノーラ・服部麻子が作った昼食を、大きなテーブルを囲んでお召し上がりいただきます。



日時:2014年8月6日(水)10:00-13:00
場所:パン工房くうら
※駐車場は2台分しかなく、近くにコインパーキングもありませんので、できる限り自転車や公共交通機関をご利用ください。
教える人:ficel.うのさちこさん
参加費:3700円(昼食、飲み物込み) ※お子さまの昼食をご希望の場合は+500円
お申込み:ficel.のホームページから直接お申込みください。


3.一粒舎の「自分でつくる、革小物のワークショップ」水筒ホルダー/小物用トレイ
一粒舎の革製品は、土にそのまま還る「植物タンニンなめし」の革を使った、安心で自然な深みの感じられるもの。我が家は数年来、一粒舎製の鞄やポシェットを愛用していて、4才の娘も今回のワークショップで作る水筒ホルダーを首からかけて毎日元気よく幼稚園に出かけていきます。ご希望の方には、12:00-13:30にロータスグラノーラ・服部麻子が昼食をご用意します。

日時:2014年8月7日(木)
    10:00〜11:30 または 14:00〜15:30 ※12:00〜昼食(希望者のみ)
場所:パン工房くうら
※駐車場は2台分しかなく、近くにコインパーキングもありませんので、できる限り自転車や公共交通機関をご利用ください。
教える人:一粒舎高木将吾さん・陶子さん
参加費:1500〜5000円(作るものによって異なりますので、詳細は一粒舎ホームページをご覧ください) 昼食をご希望の方は+1200円
定員:各6名
お申込み:詳細は一粒舎ホームページに7月11日にアップしますので、一粒舎に直接お申込みください。


4.ロータスグラノーラ「自分でつくるグラノーラ」教室
グラノーラは、材料を混ぜて焼くだけで、とても簡単に手作りできます。材料の分量や加減で、甘みを抑えたり、クランブルのような食感にしたり、自由自在にアレンジできます。当日は基本のグラノーラ(クラシックグラノーラ)を作りながら、アレンジの展開やおいしい食べ方など、グラノーラにまつわるたのしいお話ができればと思います。

日時:2014年8月10日(日)
11:00〜13:00 または 14:00〜16:00 定員となりました。
場所 鎌倉(ご参加の方にくわしい場所をご案内します)
教える人:ロータスグラノーラ・服部雄一郎
参加費:2500円(場所代はドネーションとなります)
定員:各7名
お申込み:広瀬裕子さんのホームページから直接お申込みください。


5.グラノーラの販売
以下のスケジュールで、お持ち帰り用のグラノーラ数種やお菓子の販売もいたします。場所はパン工房くうらです。イベントにお越しいただけない方々もお気軽にお立ち寄りください。ただし、売り切れ次第終了となりますことをご了承ください。

8月3日(日)14:00-17:00
8月6日(水)14:00-17:00
8月7日(木)16:00-17:00
場所:パン工房くうら
お問い合わせは080-3789-7676(ロータスグラノーラ)までお願いいたします。

| おしらせ | posted by やまねごはん |
近況と新しい活動のご案内
気づけば、もう夏もすぐそこ。すっかりブログの更新が滞ってしまい、ご心配をおかけしてすみません。家族みんな元気に過ごしています。

忙しかった理由その1.ついに念願の引っ越しが決まりました。滋賀、滋賀…と思い続けていたのが、ふとしたきっかけで高知の土佐山に変わりました。借りる家もとんとん拍子に決まり、9月には新しい生活が始まる予定です。

忙しかった理由その2.「やまねごはん」改め、「ロータスグラノーラ」として、新しい活動をスタートしました。京都より、グラノーラや季節の野菜を月に一度のお届け便にして送っています。
http://lotusgranola.com/

やまねごはんを応援してくださった方々にブログ上でご案内させていただこうと思っていたのですが、光栄なことに最初から定員を超えるお申込みをいただき、まったく新規に告知する余裕がないままに今になってしまいました。お届け便の発送は、高知での暮らしが軌道に乗った秋ごろまで一時的に休止していますが、8月には帰省先の葉山でいくつかイベントを開く予定です。間もなく(明日にも)詳細をこちらでアップし、申込みの受付を始めたいと思っていますので、ご都合のつく方々にはぜひお出でいただければ幸いです。お会いできるのをたのしみにしています!
 

| おしらせ | posted by やまねごはん |
明日のメニュー
暑い毎日、いかがお過ごしでしょうか。汗をかきかき、梅干しをときどきかじりながら、手ぬぐいに小さな保冷剤をくるんで首に巻いて「夏らしく」過ごすのが夏の醍醐味。お昼寝もいいですね。

さて、明日から2日間夏のランチとデザートのお店、やまねごはん+ficel.を開店します。はパン工房くうらの物語の世界のような空間で、はじめましての方、お久しぶりの方、皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

当日のお問い合わせ、お席の空き状況、ランチ・デザートのお取り置きは、04−874−9864(くうら)または、080−3789−7676(やまねごはん)までお願いします。

---

ランチ

―南インドプレート 1000円
タミルナード州チェンナイで半年をすごしました。アパートの上階の奥さんに教わった料理など、蒸し暑い季節に食べるととびきりおいしい、我が家の思い出の味です。

 サンバール(みんなが毎日食べる、酸味のあるさらっとしたカレー)
 タナルのカレー(ケララ州で食べた思い出のココナッツカレー)
 ひよこ豆のポリヤル(スパイス炒め)
 カード(豆乳ヨーグルト使用)
 メイヤーレモンの自家製アチャール(ピクルス)
 ごはん

ーイスラエルプレート 1000円
うだるように暑い日に、ユダヤ人のアリさんが作ってくれたイスラエル料理は目からウロコのおいしさ。あの味が忘れられなくて再現を試みました。

 ファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)
 ヨーグルトソース(豆乳ヨーグルト使用)
 自家製ラヴァッシュ(中近東風の平焼きパン。ホシン天然酵母)
 イスラエル・サラダ
 フムス(ひよこ豆のペースト)
 フレッシュな野菜

※キッズメニュー、半額にてご用意いたします。


ドリンク

ー自家製インディアンジンジャーエール 450円

ー水出し有機紅茶(熊本県・天の紅茶) 400円

ーアーユルヴェーダティー 400円

ーオーガニックハーブティー(ポット) 400円

※ランチをお召し上がりの方は100円引きです   


ficel.のデザート

ー黒糖とスパイスのゼリー 350円
オーガニックの黒糖と5種類のスパイスを煮出してゆるめの寒天で固めたゼリー。 はちみつスパイスのシロップをかけていただきます。

ー桃のソイバニラムース  450円
桃のコンポートを豆乳のムースの中とトッピングにのせています。赤いスパイスをアクセントに。

ースイカと青柚子のグラニテ 400円
スイカのグラニテと青柚子の皮と絞り汁を加えたグラニテの二種に。カットしたスイカをのせています。添えた青柚子を絞っていただきます。

ーカルダモンとココナッツの米粉シフォン 400円
豆乳で煮出したカルダモンとつぶしたスパイスの両方が生地に入っています。ココナッツを加えた米粉100%のシフォンは薄力粉よりもざっくりと軽く  食後に食べてももたれず身体へのなじみがよいお菓子です。


お持ち帰り

ーバナナのタルト 300円

ーレモンとココナッツのケーキ 200円

ー抹茶とラムのケーキ 200円

ーローズマリーとセージのクラッカー 150円

ーカカオと塩のクッキー 150円

ーバニラと塩のクッキー 150円

※卵、乳製品不使用。甘みはメープルシロップとてんさい糖。材料はできる限りオーガニックのものを使用しています。

| おしらせ | posted by やまねごはん |
葉山でのイベントのお知らせ
今年の夏は、1カ月の夏休みを葉山ですごします。京都から車で7時間のロングドライブですが、葉山の家族や、友人たちと会えるのをたのしみにしています。そして、夏の海も!

葉山のパン工房くうらの素敵な場所をお借りして、夏のごはんとデザートを楽しんでいただくイベントをひらくことになりました。夏のつめたいデザートは、ficel.のうのさちこさんが、やまねごはんからは、南インド料理を盛り込みながら、暑い盛りにぴったりの夏のランチをご用意します。ランチとデザートをゆっくりお楽しみいただいても、午後のお茶の時間としても、思い思いの時間をお過ごしください。みなさまにお会いするのをたのしみに。

日時:8月11日(日)・12日(月) 11:30〜15:00LO
場所:パン工房くうら 神奈川県三浦郡葉山町長柄326−23
問い合わせ:080-3789-7676(やまねごはん) asako51@gmail.com
ランチ:1000円〜

*お席のご予約は11:30のみ、お受けいたします。その後のお席は予約なしで、お越しいただいた順ににご案内します。
  →両日とも11:30のご予約は満席となりました。
   お席のご予約がない場合も、食事のお取り置きが可能です。ご希望の場合はご連絡ください。
*テーブル数に限りがあるため、ご相席をお願いする場合があります。
*駐車場は2台分ですので、なるべく自転車や公共交通機関をご利用ください。



| おしらせ | posted by やまねごはん |
ニョキニョキモール、終了しました!
夏日のような天気の中、ニョキニョキモールをめざしていらした方、百万遍の手作り市の帰り道に立ち寄ってくださった方、ありがとうございました。他の出店者の方が魅力的な方ばかりで、アクセサリー、手相見(見ていただいたら楽しかった!)、似顔絵、自家焙煎コーヒーと花トゥルシのお茶屋さん、アジアごはん、本屋さん、アーティスト、そして茶人の方がお茶を立ててらしたり!とても楽しい一日でした。




 
ニョキニョキは、飲み物もあるし、オーガニックの食品や野菜も置いています。

やまねごはんでは、ひよこ豆のインドカレーピタサンドを出しました。

| おしらせ | posted by やまねごはん |
イベントのお知らせ(ニョキニョキモール)

毎月15日に開催の、ニョキニョキモールに出店させていただけることになりました。やまねごはん@京都デビューです!チャナマサラ(北インドのひよこ豆カレー)のピタサンドを作ります。バー(?)と八百屋さんが合体したニョキニョキさんは楽しい空間です(オーガニックバナナシェイクがおいしい!)。どうぞあそびにいらしてください。

時間:12時頃〜

場所:ニョキニョキさん  京阪電鉄・叡山電鉄出町柳駅から徒歩7分(百万遍の交差点から出町柳駅方面、今出川通りの北側の道を入った少し先の左手)




| おしらせ | posted by やまねごはん |
出発!

今日、家族4人で南インドはチェンナイに引っ越します。
マレーシア経由で計17時間の旅。
初めてのインド、ブログで様子をお伝えできればと思っています。
二か月半の日本滞在、会えたひと、会えなかった人、いずれも再会の日をたのしみに!


| おしらせ | posted by やまねごはん |
帰ってきました!

2年間住んだバークレーをあとにして、わがホームタウン葉山に戻ってきました!湿気を含んだ空気の匂いとそのやわらかさ、にじむ緑、そして家族親類友人知人の増幅するすばらしさを大きくすいこんで、次の土地、インドへの引っ越しまでのつかの間の休暇。明日は新月、明後日は夏至。心をひらいてすごせますように。


| おしらせ | posted by やまねごはん |
カシミヤのマフラー、革のかばん

さむくなるかもしれない、と感じはじめる秋のはじめから、春のおわりまで、私の首にまきつくのは、幾度も洗って肌の一部となった、理咲子さんのカシミアの手織りマフラー。彼女が織り作家として活動し始めたときに選んだベージュに赤の縁取り。同時期に織ってもらったグレーに青の縁取り。それから冷たい季節がやってくるたびに、柄、色、長さの希望を伝えて織ってもらった。暖かい色をコンパクトに首にまきたくてお願いした、だいだい色と黄色の短めのもの。赤ん坊がおなかにいるときは、淡いピンクとうすいグレーの格子柄の羽のようなカシミアガーゼ。息子Kにはなんと京急電車の色で!いまではすべてを家族共用でつかっている。
 やわらかさ、丁寧さ、心強いあたたかさ、すべてがこの織物につまっている。そしてとりわけうれしいのは自分で手洗いできること。家の中でも使っているからスープのしずくがたれてしまったり、こどものよだれやはなみずがついても「洗えばいい」とおおらかでいられる。その繊細な肌触りとはうらはらに、おおらかな強度がある。「気をつける」ということが生来苦手な私にはそれがたのもしい。それから、もうひとつ。いちど、1センチ四方が虫に食われてしまったことがあった。管理が行き届かない故だった。とてもはずかしかったけれど、修理の相談をしたら「できるとおもいます」と快く引き受けてくれた。もどってきたマフラーは目を凝らさないとわからないくらいに丁寧に修理されていた。もうひとつ、物語が増えたこころもちがした。
 大判の、カシミアガーゼのストールをお願いしてそれにくるまって誰かが入れてくれたチャイかヴァンショーなんかを飲みながら日本の雑誌(ダ・ヴィンチか暮らしの手帳)を読むのが目下の夢、でもある。(こどもが寄ってきたらくるんであげよう)。今度会ったときに、お願いしよう。色は何色にしよう、たくさんの色が入ってるといいな。そうおもうとにわかに興奮してくるのであった。
tissage


かばんは3つしかもっていない。それに加えて市場かごと買い物のときにもらった布袋がいくつか。かばんは親しくしている陶子さんと将吾さんがつくってくれた。うすい皮でできたばけつ型の肩掛けかばんは一目見て、「あ、いい!」と思った。簡素なデザイン、ものがたくさんはいりそうで、底面が広くて、そしてなによりかろやかだった。大きさと持ち手、それからポケットの希望を伝えたら、思い通りのかばんができあがった。たすきがけにもできるから、こどもをだっこするときや自転車に乗るときも便利。毎日使っている。

 もうひとつはオーダーメイドでお願いした。名付けて冠婚葬祭旅行万能型かばん。「汎用性」というものにひどく価値を置いている私は、これさえあればことたりる、というかばんがほしかった。色は黒(お葬式でもつかえるように)、底に隠しポケット(こまったときのお金をしのばせておく)、表面にスイカを入れるポケット(これは本当に便利。たすきがけにして子どもを抱っこしながら片手で出し入れ可能)、中地(というのかな?)は、大事にしていたdosaのスカートがやぶれたのを処分できずに持っていたので、それを使ってもらった。中にいれるものを机の上において巻尺でタテヨコ高さを測ってサイズも決めた。その他にステッチの色や、ポケットの大きさ深さ、色々とお願いをした。わたしの、一生つかいつづける大事なかばん。

 もうひとつは小さなポシェット。鍵、財布、携帯電話を入れておいて玄関の近くにおいておく。どこにいくにもひょいとかけてゆく。チャックがあけやすく、軽いのがいい。両手があくのも自由なきぶん。

どれも、こまったことがあればこころよく相談に乗ってくれて、修理してくれる。彼らは労をいとわない。かばんも人柄も誠実そのもので、透明感すらただよう。壊れてしまった、ほつれてしまった、ちょっとここが使いにくい、などという相談をするのがどうしてこんなにもうれしいのだろう。それはきっと、作られたものが彼らと私の間の物語を、豊かに、無限につむぎだしてくれるから。

今、畑作業に行くときにつかっている市場籠の持ち手はビニールで覆われていて、そのわらひもは黒くかびている。見るたびに、この持ち手を革で作ってもらえないかなあ、ともう数ヶ月も思い続けている。
一粒舎


寒い日や風邪気味のときは家の中でもマフラーを巻く。かばんは毎日の激しい使用にこたえてくれる。かばんの中に、カシミヤの手織りマフラー。上等で、丈夫で、誠実な、わたしを守ってくれるもの、わたしを守ってくれている作り手。数十年後、わたしが同じものをつかってることを思うと、幸福なきもちになる。おばあさんやおじいさんになった、たのしくかろやかな友たちとわたし。首には年月を経た手織りのマフラー、肩にはくったりとした革のかばん。
そんな3人の展示会が逗子のビーチマフィンで12月4日(日)まで行われていると知った。こんなとき、日本から遠く離れていることが悔やまれてならない。
お近くの方、ぜひのぞきにいってください。






| おしらせ | posted by やまねごはん |
| 1/2 | >>